便意がない 排便できない 便秘薬

便意が無くて排便できない|便秘薬に頼りながら食生活を改善

一週間以上便が出ないことがある人は、便意が起きにくく
なっている可能性が高いです。健康な人は、腸の中に便が
たまり、腸の内圧が上がると、肛門付近に便が移動します。
このとき便意が起こり、トイレに行きたくなります。

 

 

しかし、トイレに行きたいのに我慢してしまったり、下剤に頼り
きった生活をしていると、どんどん便意を感じにくくなってしまい
ます。便意を感じないと、腸の中に便が溜まってもトイレに行き
たくならないので、お腹がポッコリ出たり、お腹が苦しくなったり
します。

 

 

このように便が肛門付近まで降りてきているのに、便意
が起こらない便秘を直腸性便秘と言います。
直腸性便秘の人が無理して薬をやめてしまうと症状が悪化
してしまうので気をつけてください。薬を上手に利用しながら、
食生活改善を行うことが大切です。

 

 

間違った薬を使うと症状を悪化させてしまうことがあります。
便秘薬は独自の判断で使うのではなく、病院を受診して、
処方されたものを使うようにしてください。

 

 

■ラキソベロン(ピコスルファート ナトリウム水和物)
大腸を刺激して、動きを活発にして排便を促します。ラキソベロン
は液体の薬なので、症状に合わせて微調整することができる
ので便利な薬です。また、体内への吸収が少ないので安全な
薬と言われています。

 

 

ただし、長期間使用していると体が慣れてしまい、使用量が
増えてしまうことがあります。また、薬により排便を促す
ので、自然な排便が出来にくくなってしまいます。使用量、
使用頻度に注意しながら使ってください。

 

 

■レシカルボン坐薬
長い間便が出ていないと、硬く固まった便が肛門を塞いで
いる可能性が高いです。このような状態で、便秘薬を使って
も、食生活を改善しても排泄は上手く出来ません。まずは、
肛門を塞いでいる便を排泄することが必要です。

 

 

レシカルボン坐薬は、肛門から腸内に挿入すると、炭酸ガス
が発生して、腸内を刺激することで排便を促します。自然に
起こる排便に近い排便なので体への負担が少なくてすみます。

 

 

■酸化マグネシウム■
ミネラルの1つであるマグネシウムは、腸の動きを良くしたり、
便の中に含まれると水分を引寄せる働きにより、便を柔らか
くすることができます。即効性は無いので、ある程度の期間
飲み続けることが必要です。便を柔らかくするだけの薬なので
飲み続けても害はありません。

 

 

なるべく副作用の少ない下剤を利用しながら、食生活の改善
も行って便秘改善を目指しましょう。便秘力がアップして
きたら、徐々に飲む下剤の量を減らして行きましょう。

 

 

⇒食生活改善のポイントはこちら