食物繊維 便が硬くなる 野菜

野菜を食べるとお腹が張る|食物繊維が便を硬くして便秘を酷くする

便秘の人がキャベツやごぼうなど繊維質の野菜を食べると、
お腹の張りなど症状が悪化してしまう方も多いと思います。
食物繊維は、便秘解消に効果がありますが、食べ方を
間違ってしまうと逆効果になってしまいます。

 

便の量が増えて排便がスムーズに

食物繊維は便の材料になるので、たくさん食べれば便の
量が増えて、排便がスムーズになります。
しかし、腸の動きが低下しているときには、便がどんどん
溜まってしまい、お腹の張りが酷くなります。

 

 

慢性的な便秘の人は、肛門が硬くなった便により蓋を
された状態になってします。食物繊維を摂ることは大切な
ことですが、まずは便秘薬などを利用して、溜まっている
便を排泄させ、大腸をスッキリさせましょう。

 

 

便が柔らかくなり排便がスムーズに

野菜や根菜に多く含まれている不溶性食物繊維は、便に
含まれると便を柔らかくすることが出来ます。しかし、水分を
しっかり摂取していないと、逆に便を硬くしてしまうので注意
してください。

 

 

海草や果物に多く含まれている水溶性食物繊維は、大腸
内でゼリー状になるので、便を柔らかくしてくれます。

 

 

腸を刺激して動きを活発に

野菜や根菜に多く含まれている不溶性食物繊維は、腸を
内側から刺激して、動きを活発にさせて便秘を解消します。
しかし、便秘と下痢を繰り返す症状があるときは、不溶性
食物繊維で腸を刺激してしまうと、症状が悪化してしまう
ので注意してください。

 

 

便秘と下痢を繰り返す便秘は、ストレスや生活習慣の乱れ
により自律神経が乱れ、腸が過敏になってしまうことで起こり
ます。こんなときは、不溶性食物繊維の摂取を控え、海草や
果物に多く含まれている水溶性食物繊維を摂ってください。
水溶性食物繊維は大腸に入るとゼリー状になるので、腸を
刺激しません。

 

 

食物繊維は不溶性と水溶性をバランスよく摂り、水分も
しっかり摂ることが大切です。