アロエ センナ 依存症

アロエ、センナ、大黄は副作用が強い|アントラキノン系下剤に注意

慢性的な便秘になると『お腹にガスが溜まって苦しい』
『便がなかなか排泄できなくて硬くなってしまった』など
の不快な症状が現れます。この苦しさから逃れるために、
下剤を使用してしまいます。

 

 

短期的に使用することは問題ないのですが、下剤を飲んでも
なかなか便が出なければ、下剤を使い続けてしまいます。
また、どうにか出そうとして通常の服用数ようりも多い錠数
を飲んでしまったりします。

 

 

また、食生活などを改善せずに、下剤にだけ頼って排便を
促してしまうこともあります。このような状態が続くことで
下剤が手放せない『下剤依存症』になってしまいます。
特に、下剤の中でも注意しなくてはいけないのが
アントラキノン系です。

 

 

アントラキノン系とは、アロエ、センナ、大黄などの成分を
含んだ下剤のことを言います。即効性があるので、飲めば
すぐに便意をもよおしますが、腹痛など副作用が強く、依存
症になりやすい薬です。

 

 

下剤の強い作用により便意を無理やり引起し、排便を促す
ので、便意は起きにくくなり、どんどん自力で排便することが
難しくなります。そして、また下剤に頼ってしまうという悪循環
に成り、便秘が酷くなってしまいます。

 

 

使用が難しいアントラキノン系の下剤ですが、市販され
ている下剤の70%以上はこのタイプの下剤です。
さらに、医師の中には、下剤に対する詳しい知識を持って
いない人もいて、便秘で受診しにやってくる患者さんに対し、
安易にアントラキノン系下剤を処方していることもあります。

 

 

下剤を利用するときは、便秘の原因、症状に合った下剤を
正しく使い、同時に食生活改善などを行います。症状が和ら
ぎ、自力で排便できるようになってきたら徐々に下剤の量を
減らしていきます。

 

 

便秘の原因にあった薬を利用
食生活の見直しで便秘解消