腸内環境 悪玉菌 食事

善玉菌を増やして腸内環境を整える食べ物|悪玉菌を減らす食事

大腸の中には300種類、100兆個にも及ぶ腸内細菌が
住んでいます。その腸内細菌の中には、腸内環境を良くする
善玉菌と悪くする悪玉菌がいます。
便秘のない理想的な腸内には善玉菌が多く住んでいます。

 

 

逆に、慢性的な便秘の人の腸内には悪玉菌がたくさん住んで
います。悪玉菌が多いと、腸の動きが低下してしまうため、便は
出にくくなります。さらに、腸内にある食べ物のカスが腐りやすく
なるため、臭いおならや臭い便の原因にもなります。

 

 

便秘のない理想的な腸内環境を取り戻すためには、善玉菌を
増やし、悪玉菌を減らすことが必要です。善玉菌も悪玉菌も
エネルギー源は、私達が口にする食べ物です。つまり、善玉菌
のエネルギー源になる食べ物を積極的に摂り、悪玉菌のエネ
ルギー源になる食べ物を控えることが必要となります。

 

 

善玉菌を増やす食べ物は食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖
があります。食物繊維と水をしっかり摂ることで、便の量が
増え、腸内での動きもスムーズになるので、便秘を防ぐこと
ができます。便秘が改善すれば、善玉菌の住みやすい腸内
環境となるので善玉菌の数が増えます。

 

 

ヨーグルトなどの乳製品やキムチや納豆などの発酵食品には
善玉菌の1つである乳酸菌がたくさん含まれているので、
乳製品、発酵食品を摂ることで善玉菌を増やすことができ
ます。

 

 

ただし、乳酸菌は胃酸により死滅してしまったり、生きたまま
腸に届いた乳酸菌は異物とみなされ排泄されてしまうことが
ほとんどです。なので、毎日食べて、腸に乳酸菌を送り続けて
あげることが必要です。

 

 

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の1つビフィズス菌のエネル
ギー源となります。外から新しい善玉菌を送るのではなく、
すでに腸内にいる善玉菌を活発にさせるので、便秘に対し
高い効果が期待できます。

 

 

また、オリゴ糖が腸内細菌により分解されると、酢酸という
物質が発生し、腸内が酸性に変化します。酸性になった腸内
は、善玉菌が住みやすい環境なので、数を増やすことができ
ます。

 

 

ただし、オリゴ糖は食べ物に含まれている量は少ないので、
食事だけで1日に必要な量を摂るのは難しいです。オリゴ糖
として商品化されたものが売られているので、そちらを利用
した方が手軽に摂取することが出来ます。

 

 

悪玉菌を増やしてしまう食べ物は、卵や肉などの高タンパク、
高脂質の食べ物です。日本人の食生活はどんどん欧米風に
なっているため、悪玉菌が増えている人がたくさんいます。
欧米風の食事を減らし、穀物や野菜、根菜が中心の日本食を
食べるように心がけてください。