おなら 臭い 減らしたい

クサイおならがたくさん出る|腸内で発生するガスの量を減らすには

おならが頻繁に出て、さらにニオイがきつくなってしまう
原因は、くさいおならを作り出す食べ物をたくさん食べた、
もしくは、大腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えている
ことが考えられます。

 

 

私達が口にした食べ物は、胃や腸で消化吸収され、
残った食べ物のカスは大腸に送られます。食べ物のカス
は大腸内に住んでいる腸内細菌により分解されるのです
が、このときガスが発生します。

 

 

このガスがおならとなって、外に排泄されます。発生する
ガスは、食べ物によって量、ニオイが異なります。
炭水化物(豆類やイモ類など)から発生するガスは、量は
多いですがニオイはそれほどありません。

 

 

動物性タンパク質(肉、魚、卵など)から発生するガス
の量は少ないですが、ニオイはとても臭いです。
他にも、ネギ、ニンニクなどもおならを臭くします。これらの
食べ物を控えることでニオイが減ると思います。

 

 

それでもまだ臭いときには、大腸内にいる悪玉菌の数が
増えている可能性があります。大腸内には約100兆個
の腸内細菌がいます。腸内細菌の中には、腸の動きを
活発にさせる善玉菌と動きを悪くする悪玉菌がいます

 

 

悪玉菌が多いと腸の動きが鈍くなるため、腸内に便が
たまりやすくなります。長期間、腸内に便がたまると腐敗
して非常に臭いガスが大量に発生します。つまり、悪玉菌
を減らすことがクサイおならを抑えることにつながります

 

 

善玉気を増やして、悪玉菌を減らす食べ物

■乳酸菌
ヨーグルトなどの乳製品にたくさん含まれている乳酸菌は
代表的な善玉菌の1つです。つまり、ヨーグルトを毎日
食べて、大腸内に乳酸菌を送り続けると、善玉菌の住み
やすい腸内環境になります。

 

 

最近、注目されるようになってきたのが、納豆、味噌、漬物、
キムチなどの発酵食品にたくさん含まれている植物性乳酸菌
です。生命力が強いので、胃酸でも消化されず、生きたまま
大腸まで届くので、高い効果が期待できます。

 

 

■食物繊維
野菜や根菜類、海草や果物などにたくさん含まれている食物
繊維は、便の量を増やし、便を柔らかくするので排便を
スムーズにします。腸内がきれいになれば、善玉菌が住み
やすい腸内環境になります。

 

 

 

■オリゴ糖
オリゴ糖は、代表的な善玉菌の1つビフィズス菌の栄養源に
なります。オリゴ糖は胃で消化されないので、大腸にいる
ビフィズス菌までしっかり届きます。オリゴ糖から栄養を
もらったビフィズス菌は元気になり、数が増えます。

 

 

オリゴ糖は、大豆、たまねぎ、キャベツ、ごぼう、蜂蜜、牛
乳、ヨーグルト、バナナ等に含まれていますが、どれも少量
です。1日に必要なオリゴ糖を摂ろうと思うと、カロリー
オーバーになってしまいます。

 

 

最近は、製品化されたオリゴ糖が売られているので、そちら
を利用したほうが効率よく摂取できます。