膨満感 ガスが溜まる 解消

腹部膨満感を解消するには|生活習慣を見直して発生するガスを減らす

腹部膨満感は、大腸の中にガスが溜まってしまうことで
起こります。通常、ガスはオナラやゲップなどで体外に
排泄されます。しかし、何らかの原因で大腸の中に
ガスが溜まり、大腸を圧迫してしまうことがあります。

 

 

腹部膨満感を解消するためには、ガスの発生量を
減らし、発生したガスをスムーズに排泄出来る
大腸にすることが必要です。

 

 

腹部膨満感を解消、予防する5つのポイント

食事はゆっくり、食べ過ぎないこと

食べ物を良く噛まずに食べたり、食べ過ぎてしまうと

胃腸に負担がかかり、消化不良を起こします。すると、
発生するガスの量が増えてしまいます。

 

 

また、早食いをしてしまうと、食べ物と一緒に大量の
空気を飲み込んでしまいます。この空気も大腸に
溜まってしまいますので、食事はゆっくり、よく噛んで
食べ過ぎないように注意してください。

 

 

ガスを発生させる食べ物、飲み物を控える

イモ類や豆類、野菜など食物繊維の多い食べ物は、
腸内細菌に分解され、ニオイはあまりありませんが、
たくさんのガスが発生します。

 

 

ただし、食物繊維は、便秘解消に効果があります。
便秘になると、大腸の中に便が長い間とどまるため、
便が腐敗して余分なガスを発生してしまいます。
なので、食物繊維はバランスをとりながら食べて
ください。

 

 

炭酸飲料、ビールなどは体内に入ってからもガスを
発生するので、飲みすぎには気をつけましょう。

 

 

ストレスを溜め込まない

ストレスが溜まりすぎると、胃や腸の動きが悪くなる
ため消化不良を起こし、余分なガスが発生してしまい
ます。趣味や湯船にゆっくり浸かる、軽い運動などを
行ってストレスを発散させてください。

 

 

ガスをしっかり排泄する

溜まったガスはオナラやゲップで体の外に排泄されます。
人前でのオナラやゲップはマナーとして良くありませんが、
あまり我慢しすぎるのも体に良くありません。ときどき、
トイレなどに行ってガスを排泄してください。

 

 

腸内環境を整えて、便秘を解消する

便が排泄されずに、長い間大腸内に便が溜まっていると

ガスが異常発生します。腸の動きを活発にして、さらに
便を柔らかくすることで、排便をスムーズにしましょう。

 

 

また、便秘になってしまうと大腸の中にいる悪玉菌が
増加します。悪玉菌は、腸内に入ってきた食べ物の
カスを腐敗させ有毒(臭い)ガスを発生させてしまうので、
おならが異常に臭くなってしまいます。

 

 

善玉菌を増やして大腸の動きを活発に