痔 痛み 和らげる

便秘と痔には深い関係が|肛門への負担を減らし痛みを軽減する方法

便秘と痔には、深い関係があります。
便秘が悪化すれば、痔も悪化してしまいます。何日もお通じ
がないと、腸の中にある便は大きくなり、さらに水分を奪わ
れるので、どんどん硬くなります。

 

 

大きく硬くなった便は、大腸の中をなかなか進めず、肛門
を通り抜けることも難しくなります。それでもどうにか排便
しようと、長時間トイレに座ってしまったり、いきんでしまう
ことが多くなります。

 

 

すると、肛門に大きな負担をかけるためイボ痔になったり、
硬い便が肛門を通るときに傷をつけて切れ痔になってしまう
ことが多いです。また逆に、痔で肛門が痛いため、排便を
我慢してしまい便秘を悪化させてしまうこともあります。

 

 

痔の痛みを和らげる方法

■長時間椅子に座り続けてしまうと、お尻(肛門)への負担
が大きくなってしまいます。ときどき立ったり、寝転んだりして
お尻を休ませましょう。また、ウンチがなかなか出ないからと
いって、長時間トイレに座ることも避けましょう。

 

 

■唐辛子などの刺激物はなるべく食べないようにしましょう。
胃腸で消化吸収されなかった刺激物は、便の一部になり
排泄されます。肛門を通るときに、肛門を刺激するので痔
の痛みを増加させます。

 

 

■お風呂に入り、お尻が温まったときにマッサージを行うと
痛みが和らぐことがあります。

 

 

■便が柔らかくなると、排便がスムーズになり、トイレの時間
が短くなったり、いきむ必要がなくなるので肛門への負担を
減らすことが出来ます。

 

 

ウンチを柔らかくする食べ物についてはこちら