お通じ 腰 重い痛み

お通じが悪くなると腰に重い痛みが出る|腸内環境を整えて解消

慢性的な便秘で悩んでいる人の中には、腰痛に悩んで
いる人が多くいます。動けないほどの痛みではないけど、
かがんだり、椅子から立ち上がったりするときに、腰の
重い痛みを感じてしまうことがあります。

 

 

便秘になると、腸に溜まった便や発生したガスにより大腸
が膨れ、腰周辺が圧迫されます。すると、血管も圧迫さ
れるので、血行が悪くなります。

 

 

また、腸の中に長い間溜まった便は、腐敗して有害物質を
作り出してしまいます。有害物質からは、アンモニアやイン
ドールなど悪臭のもとにもなる毒素が発生します。
毒素は大腸の内壁から吸収され、血液を汚します。

 

 

血行が悪く、血液が汚れると筋肉に溜まった老廃物を排泄
することが出来ないため、筋肉疲労が溜まり、腰痛を引起し
てしまいます。

 

 

腰痛を解消するには血行を良くする

一日中、椅子に座って仕事をしている人は、筋肉がこわ
ばり、血行が悪くなってしまいます。定期的に椅子から立ち
上がりストレッチや散歩をしてください。

 

 

腰を温めることで血行が良くなるので、ゆっくりと湯船に
浸かることも効果的です。腰が温まると、筋肉がほぐれ、
血行が良くなります。ただし、腰に負担をかけて腰痛に
なってしまったときは、温めると逆効果なので注意して
ください。

 

 

ウォーキングなどの軽い運動も筋肉をほぐし、血行を良く
するので、腰痛解消には効果的です。また、ウォーキングを
すると、運動は腰の周りの筋肉が鍛えられるので、腰への
負担を減らすこともできます。

 

 

もちろん便秘を解消することも大切です。便を柔らかくした
り、腸の動きを活発にする食べ物を積極的に食べましょう。

 

便秘解消に効果的な食べ物についてはこちら