冷え性 水 便秘

便秘対策をしても良くならないのは冷えが原因かも|体は冷やさない

冷え性と便秘には大きな関係があると言われています。
実際に、便秘に悩んでいる人の中には、冷え性に悩んでいる
人が多いという調査結果があります。

 

 

便秘と冷え性の関係

冷え性の人の平熱は35度台と低いことが多いです。体温
が低いと、内臓や大腸の温度も低くなっています。そんな
状態では、大腸の動きも弱くなります。さらに、大腸の中に
いる善玉菌の動きまで悪くなるので、お通じが悪くなります。

 

 

また、体温が低いと血行が悪くなるため、、筋肉の動きも
悪くなります。もちろん、排便の際に腸の中に溜まっている
便を押し出している腹筋や背筋の動きも悪くなります。
このことにより、さらにお通じが悪くなってしまいます。

 

 

以上のことから、冷え性の人が便秘を解消するためには、
体を温めて血液の流れを良くすることで、大腸の動き
を活発にする必要があります。

 

 

冷え性の人の便秘解消法

冷えやすい部分を腹巻やネックウォーマー、靴下などで
温めてください。また、最近はシャワーで済ませてしまう
人が多いですが、しっかりと湯船に浸かりましょう。
38℃くらいのちょっとぬるめのお湯で半身浴が効果的
です。熱いお湯では腸を緊張させてしまい、逆効果に
なってしまうことがあります。

 

 

便秘解消には、朝起きたときにコップ一杯の冷たい水や
牛乳が効果的と言われますが、冷え性の人には逆効果
になることがあります。ただし、便秘解消には水分補給は
欠かせないので、冷たい水ではなく常温くらいの水を飲ん
だり、カフェインが入っていないハーブティーなどを飲みま
しょう。

 

 

カフェインが入っていると、カフェインの持っている利尿作用
により、体内の水分がおしっこで排泄されてしまいます。
体内の水分が不足すると便に含まれる水分が少なくなり
硬くなり、排泄しにくくなってしまいます。

 

 

その他、食生活の見直しや軽い運動などの便秘解消法は、
冷え性でない人と同じ対応で大丈夫です。

 

 

食生活について詳しいことはこちら
運動についてて詳しいことはこちら