ダイエット お通じ 食事制限

ダイエットでお通じが悪くなる|食事制限で便の量が減っているのが原因

便秘には、様々な原因があり、それぞれ症状が違います。
腸の動きが悪い、ストレス、お腹周りの筋力の低下などです。
特に最近増えてきた原因は、ダイエットによる食事制限です。

 

 

便の元とのなるのは、胃や小腸で消化吸収された食べ物の
カスです。しかし、食事制限をすると、便を作るための食べ
物のカスが少なく、十分な便が作れなくなってしまいます。
便の量が減れば腸の中を通るスピードが遅くなります。

 

 

スピードが遅くなれば、便に含まれる水分は吸収され、硬く
カサカサした便、腸に溜まりやすい便になります。これが、
食事制限により便秘の起こる仕組みです。

 

 

便秘を防ぐためには食物繊維の摂取が重要

食物繊維は、野菜、根菜類、きのこ類、海草、果物などに
多く含まれている食物繊維は便を作る元となります。そして、
低カロリーなので食事制限による便秘を防ぐためには欠かせ
ない栄養素です。

 

 

ただし、食物繊維をたくさん摂れば良いというわけではあり
ません。サラダだけをたくさん食べたことで、便秘が悪化
することもあるからです。

 

 

食物繊維は、野菜や根菜、きのこに多く含まれている不溶性
食物繊維と海草、果物に多く含まれている水溶性食物繊維の
2種類があります。不溶性食物繊維は、便の量を増やします
が、水分をしっかり摂らないと、便が硬くなってしまいます。

 

 

水溶性食物繊維は、水に溶けてゼリー状になります。便の中
に入り、保水する働きをします。つまり、便を柔らかく保ち
スムーズな排便につながります。す。