胸焼け 膨満感 気持ちが悪い

胸焼けがして気持ちが悪い|溜まったガスにより腸が膨れて胃を圧迫

腸の中に便やガスがたくさん溜まってしまうと、腸が膨張し、
上にある胃を圧迫し始めます。
胃が圧迫されると、胃酸や胃の中の物が逆流して、
食道が炎症を起こしてしまいます。この炎症が胸焼けの
正体です。

 

 

このように、逆流してしまった胃酸により食道が炎症を起こ
す病気を逆流性食道炎といいます。症状としては、胸焼け
以外に、お腹の張り、ゲップが出る、苦い水が上がってくる
などがあります。

 

 

便秘による逆流性食道炎を防ぐためには、食生活の見直し
が重要です。肉や油の多い食事は避け、日本食中心の
食事にしましょう。

 

 

肉や油は、胃酸の分泌量を増やします。さらに、腸内の悪玉
菌を活発にさせてしまうので便秘も悪化してしまいます。
日本食は、薄味なので胃酸の分泌を抑えることが出来ます。
また、野菜や根菜、海草など食物繊維がたっぷり含まれて
いるので便秘解消に効果的です。

 

 

食事を取る時間も重要で、就寝の2,3時間前に食べ終わる
ようにしてください。食事の後に、すぐに横になってしまうと胃が
圧迫され、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。普段の生活
の中では、あまりお腹を圧迫させないように気をつけてください。