横腹 チクチク ガス

ガスが溜まって横腹がチクチク痛い|お腹をマッサージして解消

便が排泄できずに腸の中に留まると、便が腐敗して

大量のガスが発生します。ガスはオナラやゲップで
排泄されるのですが、腸の動きが鈍っていると上手く
排泄できません。

 

 

すると、溜まったガスにより腸の中の圧迫され、横腹や
下腹にチクチクと痛み出したり、お腹が張ったりします。
そんなお腹に溜まったガスを排泄するマッサージが
『の』の字マッサージです。

 

 

腸の動きを活発にしてガスがたまるのを防ぐ

 

 

ガスの抜けをよくする『の』の字マッサージのやり方

右半身を下にして、横になります。右腕は頭の下に
おきます。左手の手のひらをお腹の上に乗せて
力をいれずに、『の』の字を描くようになでます。

 

 

深呼吸をして、5〜10分くらい行ってください。
ガスを出すために無理にいきんだり、お腹に力を
入れないように注意してください。体の力を抜いて
リラックスしながら行うことが大切です。

 

 

『の』の字マッサージは、湯船に浸かりながら行うと
効果が上がります。お風呂はシャワーだけでなく、
ゆっくり湯船に浸かるだけでもガスが溜まりにくく
なります。

 

 

 

湯船にゆっくり浸かると体の芯から温まり、腸の動きが
活発になります。この状態で『の』の字マッサージを
行うことでガスの抜けが良くなります。

 

 

湯船の温度の目安は38℃です。ちょっとぬるいと
感じるかもしれませんが、熱いお湯に入ってしまうと、
体が緊張するので、マッサージの効果が減少します。
マッサージはリラックスして行うことが大切です。

 

 

ガスがたまりにくい腸内環境を作ることが本当の解決方法

『の』の字マッサージで腸にたまったガスが出ても

またガスが溜まってしまう可能性は高いです。
ガスの発生が少なく、ガスが発生してもすぐに排泄
できる腸を作り上げましょう。

 

 

そのために必要なことは、腸内環境を整えることです。
腸内環境が整っていれば、腸の動きは活発になり
ガスはスムーズに排泄されます。もちろんオナラは
なるべく我慢しないで出すことが前提です。

 

 

腸の動きが活発だと排便もスムーズになります。
便が腸の中に留まる時間が短くなり、腐敗せず、
ガスの発生量が減ります。

 

 

善玉菌を増やして腸内環境を整えるために必要なことは?